ITP info

HOME ITPと診断されたら トロンボポエチン受容体作動薬

トロンボポエチン受容体作動薬

血小板を増やす治療薬です。

血小板産生は「トロンボポエチン」という血液中のたん白質により主に調節されています。このトロンボポエチンに代わって巨核球(きょかくきゅう=血小板をつくる細胞)を刺激し、血小板を増やす薬が「トロンボポエチン受容体作動薬」です。トロンボポエチン受容体作動薬には経口剤と注射剤があります。

Provan D et al:Blood. 2010;115:168-186.

監修:埼玉医科大学病院
総合診療内科 教授/血栓止血センター長 宮川義隆

PageTop