ITP info

HOME ITPの検査について

ITPの検査について

からだの症状と血液検査などの結果がITPに特徴的で(血小板数10万/μL以下など)、さらに血小板が減少するほかの病気がみつからなければ、ITPと診断されます。

からだの症状として主なものは出血症状です。皮膚の紫斑(しはん)、点状出血、鼻血、歯肉出血、月経過多などがみられれば、ITPが疑われます。ただし、ITPであっても出血症状がみられないこともあります。

宮川義隆:臨床血液. 2013;54:350-356.
藤村欣吾:日本内科学会雑誌. 2009;98:1619-1626.

監修:埼玉医科大学病院 総合診療内科 教授 宮川義隆

PageTop