ITP info

HOME ITPってどんな病気?

ITPってどんな病気?

ITPとは「特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)」のことです。

ITP(idiopathic thrombocytopenic purpura)とは「特発性血小板減少性紫斑病」のことで、はっきりとした原因がわからず(特発性といいます) 、血小板の数が10万/μL(マイクロリットル)以下に減少する病気です。
なお、最近では免疫の異常が原因であることから、「免疫性血小板減少症」ということもあります。また、紫斑(しはん)病とありますが、紫斑(内出血で現れる斑点/はんてん)がみられないこともあります。

宮川義隆:臨床血液. 2013;54:350-356.
藤村欣吾:日本内科学会雑誌. 2009;98:1619-1626.

監修:埼玉医科大学病院 総合診療内科 教授 宮川義隆

PageTop